menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 買い替え時期・タイミング
  2. 二つ折り財布
  3. 長財布
  4. コードバンとは
  5. 革と皮の違い
  6. 出張におすすめのカバン
  7. 革の色々
  8. 革の加工や染色
  9. タンナーとは
  10. 牛革の種類と基礎知識
閉じる

革について:革の基礎知識

買い替え時期・タイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
買い替え

長く使い続けた財布がボロボロになってきたら「そろそろ買い替えの時期か…」となるかと思いますが、そもそも財布の買い替えの時期やタイミングって気になりますよね。
「買い替えのタイミングを間違ってしまうと金運が下がってしまう」という噂もあるので、あまりそういったものを信じない人でもちょっと気になってしまうかと思います。

革財布の場合は長く使い続けるほどいい

一般的な財布なら「3年が買い替えのタイミング」と言われています。
なぜ3年なのかというと、単純に財布がボロボロになったり、くたびれてしまうのが3年ぐらいだからです。
特にお財布なんかは毎日に使うものですから、大事に使っていても自然と傷がついたり、角がボロボロになってしまいます。

ボロボロの財布やくたびれた財布は運勢的に見ても「金運が逃げてしまう」と言われており、お金に対する運気がなかなか上がりません。
運勢をあまり気にしない人でも、会計のときに何気なく出した財布がボロボロだと「この人財布が汚いな」「浪費癖があるのかな」とマイナスな風に思われてしまう…と考えれば、3年で買い換えたほうがいいと感じるのではないでしょうか。

また、「3年」という数字は物事を完成するタイミングとして良いと言われているので、財布の買い替えは3年があ良いとされている説もあります。

ただ、上記のことが当てはまるのは普通の財布の場合。
革財布の場合だと3年たっても綺麗な状態のことも多く、モノによっては革の経年変化によって独特の味がでて、新品よりも良い状態の場合もあります。
そうなると財布が汚くないので金運が下がることなく、他人に見られてもマイナスなイメージを持たれることはありません。

もちろん壊れたり傷がひどいのであれば買い替えが必要ですが、ココマイスターの革財布ココマイスターの革財布のように傷がついても目立ちにくくする加工が施されている財布もあるので長く使うことが可能です。

また、ブランドものの財布なら高額買取をしてもらうことが可能でおすすめです。
捨て方に関しては運勢的にも、「自分で捨てる」「高額買取で売る」どちらの方法でも金運が下がるということはなく、どちらの場合でも今までの感謝を込めて丁寧に手放すのが大切とされていますので、まずは査定に出してみるのもいいかもしれませんね。
愛着を持って使っていたお財布なら数万円で買い取ってもらえるかもしれませんよ。

ページ上部へ戻る