menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 買い替え時期・タイミング
  2. 二つ折り財布
  3. 長財布
  4. コードバンとは
  5. 革と皮の違い
  6. 出張におすすめのカバン
  7. 革の色々
  8. 革の加工や染色
  9. タンナーとは
  10. 牛革の種類と基礎知識
閉じる

革について:革の基礎知識

コードバンとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コードバンとは、農耕馬のお尻の一部から採れる革のことです。
現在では農耕用の馬というのは生産されていないため、食用として少数生産されている馬から採られています。

なので、非常に希少価値が高く、必然的にコードバンを使った財布などの革製品は値段が高くなります。
市場に出回ることがほとんどないので「幻の革」なんていう呼び名もあるそうです。
間違いなくレザーの中でも最上級のレザーといえるでしょう。

質感はレザーといっても硬すぎることはなく、どちらかというと弾力性や柔軟性を感じることができます。
一般的な財布には牛革が使用されることが多いですが、馬の革であるコードバンの3倍以上の強度があるといわれています。

コードバンは希少価値が高く、あまり採ることができないため、使われている商品というのは少ないです。
財布や革靴、鞄などに使用されることが多いので、コードバンの商品を使いたい方は、それらがおすすめです。

昔はコードバンのランドセルなんかもありましたが、現在ではほとんどがコードバンに似せた牛革か合成皮革なので注意してください。
コードバンを使用した有名なランドセルでも現在では違うことがあります。

コードバンを使用した財布では、ココマイスターの「コードバン・ラウンド」が有名ですね。
少し高価なので学生なんかは手が出しづらいかもしれませんが、カードローンなどでお金を借りることで、購入も可能です。
実際に私はそうしました。

実際に使ってみて、他の財布にない高級感と、経年変化によって色合いが変わっていくのを楽しめるの、後悔はしていません。笑

関連記事

  1. タンナーとは

  2. 羊皮の基礎知識

  3. 革の色々

  4. 牛革の種類と基礎知識

  5. 馬皮の基礎知識

  6. 革と皮の違い

ページ上部へ戻る